Topics

第11回 座る・くらべる 一脚展が 2021年9月23日(木・祝)~10月3日(日)の会期で
竹中大工道具館にて開催されます。

当社の角のみを使っていただいている家具作家、木工家の皆さんによって
1年に1回開催されている椅子の展示会です。

今回は地元六甲山の樹を使うことをテーマに様々な表現をされています。
ニトリやIKEAの家具にはない、作家さんが作り込んだ想いや哲学が感じられる椅子の数々。


会場では、展示されている椅子に直接座ってみたり、木工家さんが削った木の肌に
触れてみることができます。
また、日によって作家さんも在廊されていますので、どういう考えでこういう形に
なったのか、どういう想いでこの作品を作ろうと思ったのか、気軽に聞いてみてください。


作り手の想いも知ったうえで触れる作品は、単なるモノではありません。
ただの道具ではなく、日常を少し心豊かにしてくれる作品に見て、触れてみてください。
必ず自分の生活を豊かにしてくれる「何か」を感じることができると思います。

中橋製作所は協賛企業としてこのイベントを応援し続けたいと思います。
第11回 座る・くらべる 一脚展+ 2021
「六甲の樹から生まれるかたち」

第九回 一脚展で併催された六甲山(神戸)の防災や環境保全の為に伐採された樹木を
活用する取り組み「六甲山の樹×木工家」展。
そこで見えてきた現状の課題とこれからの活動の方向性とは?

ギャラリーエークワッド(東京)で開催された「樹の一脚展」の六甲山材で作られた
一部の出展作品と共に、兵庫の木工家達が「六甲山スツール」を発表します。


会期/ 2021年9月23日(木・祝)~10月3日(日)
会場/ 竹中大工道具館1Fホール
開催時間/ 9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日/ 9月27日(月)
入館料/ 無料(常設展見学は別途入館料が必要)
主催/ 一脚展実行委員会、竹中大工道具館


一脚展公式HP
https://ikkyakuten.jimdofree.com/

竹中大工道具館 / 企画展
https://www.dougukan.jp/special_exhibition/ikkyakuten_2021




出品作家一覧

會田 竜也(木の仕事)
岡田 敦(岡田家具創造堂)
岡田 光司(isDesign)
北島 庸行(atelier KIKA)
後藤 雅宏(後藤雅宏工房)
佐々木 拓也(NaLgreen)※「樹の一脚展」出品作品のみ展示
関野 央也(Hiroya Sekino)
中野 潤(JunWoodworkingLab)
中山 和紀(ナカヤマモッコー)
馬場田 研吾(BABATA WOOD DESIGN)
迎山 直樹(Tenon)※「樹の一脚展」出品作品のみ展示
村上 剛・順子(MURACO)
安森 弘昌(神戸芸術工科大学准教授)
中山和紀(ナカヤマモッコー)
馬場田研吾(BABATA WOOD DESIGN)
村上剛・順子(MURACO)
安森弘昌(神戸芸術工科大学准教授)