Topics

10月21日、心地よい秋晴れの中、第12回RPA活動を実施しました。

RPA活動とは、「楽に・ぴかぴか・安全」というテーマで、来社されるお客様や社員の家族に誇れる職場環境を、
自分たちの手で作っていこう、というコンセプトの活動です。


今回はこんな取り組みをしました。

 ① 凸凹で台車が走りにくい地盤の改修
 ② 工場西側の壁の清掃・塗装
 ③ 正面玄関 看板のさび落とし~再塗装
 ④ 工場地面の汚れ落とし
朝一のラジオ体操&朝礼で、怪我のないように、作業事項の確認。

順番にビフォア~作業内容~アフターを見ていきましょう。
地盤改修は、土間のコンクリートをはつって、下の地面を掘り起こしてから、ミキサー車で運んできたコンクリートを入れます。
綺麗に平坦にしておかないと、後々気になるので、丁寧に作業しました。
研磨設備の周りには研磨で出た粉が地面に張り付きます。
久保君が丁寧にこびりついた研磨粉を落としてくれました。
工場西側のスレート壁も灰色で薄暗い感じだったので、明るいアイボリーに塗装し直しました。
すっきり明るくなって気持ちがいいですね。
生産管理の扉は先日の台風でガラスが割れたので、ガラスを好感したばかりです。
RPA活動では、剥げてきていた塗装をはがして、再塗装しました。
ムラもなくきれいに塗れています。
やはり、どんなことでもコツコツやっていけば、それなりのレベルでできるようになるものですね。
最後は厚生棟階段手すりのさび落とし&塗装です。
階段はまだまだ錆がいっぱい残っているので、しばらくRPAで取り組んでいって、ピカピカにしていきたいものですね。
最後に集合写真!

いいお天気の中、みんなで体を動かして会社をきれいにできて気持ちの良い一日でした。